PR
広告

トイカメラ(キッズカメラ)のおすすめは?子ども用カメラは何歳から使える?

知育玩具について
この記事でわかること

・おすすめのトイカメラ(キッズカメラ)
・何歳から使えるか

トイカメラ(キッズカメラ)は、かんたん操作の子ども用のカメラです。

デジカメや一眼レフと比べると画質や性能は劣りますが、子どもでも簡単に操作ができるのが特徴です。

💡この記事ではキッズカメラのおすすめを紹介します。

子どもにとって、トイカメラ(キッズカメラ)は創造性を育み、新たな視点で世界を探求する素晴らしいツールです

シンプルな操作で、写真撮影の楽しさを体験できるだけでなく、観察力や自己表現力も同時に促進します。

では、どの年齢から子どもにカメラを使わせるべきでしょうか?選び方やポイントを具体的に見ていきましょう。

広告

トイカメラ(キッズカメラ)は何歳から使える?

トイカメラ(キッズカメラ)は3歳頃から使えるおもちゃです。

カメラなので上手に使えるようになるのは3歳頃だと思うので、我が家では3歳の誕生日にプレゼントしました。

首からかけられるストラップ付きにしたので、散歩や動物園などどこでも持ち込んで撮影しています。

トイカメラ(キッズカメラ)のレビュー写真1
動物園でパシャリ

ストラップ付きなら小さなお子さんでも落とす心配がなくなります!

玩具オタクJJ
玩具オタクJJ

撮影する姿がとても可愛らしいです

トイカメラ(キッズカメラ)のおすすめのポイント&選び方

トイカメラ(キッズカメラ)のおすすめのポイント&選び方は以下のとおりです。

  • 耐久性と安全性
  • 操作の簡易さ
  • デザインや色
  • コストパフォーマンス
  • 付属品(ストラップなど)

落としても壊れにくいものになっているか、子どもが扱うのにシンプルで操作しやすいかなどが大事です。

子どもが興味を持ちやすいカラーやデザインのものを選ぶと、使うモチベーションが上がります。

子どもが喜ぶキャラクターや動物がデザインされているものもあります。シンプルなものでもOK!

高価なものよりは子どもが壊しても問題ない予算を検討し、付属品(ストラップなど)があると便利なので、これらをポイントに選んでみるのがおすすめです。

トイカメラ(キッズカメラ)で得られる知育効果は?なぜおすすめ?

トイカメラ(キッズカメラ)で得られる知育効果は以下のとおりです。

  • 創造性と想像力の促進
  • 観察力と記憶力の向上
  • 集中力が高まる

トイカメラ(キッズカメラ)を使うと「これを撮ってみたい」「どのタイミングでシャッターを押そうかな」といった好奇心や観察力が育まれる他、集中力も高まります。

普段何気なく見ていたものがカメラのレンズを通すとどうなるのかなど、想像力だって豊かになります。

撮影時や撮った写真の共有などで親子のコミュニケーションも捗ります。

たくさん撮って遊んで、子どもの感性を磨いていきましょう。

3歳、4歳、5歳、6歳におすすめのトイカメラ(キッズカメラ)

トイカメラ(キッズカメラ)のレビュー写真2

おすすめはこちら!

トイカメラ(キッズカメラ)のおすすめのポイント&選び方でも触れた通り、

シリコンケースに入っていて落としても壊れにくく、子どもが扱うのにシンプルで操作しやすく、

お手頃価格なカメラをチョイスしました!

ほかにも、、

  • ほど良い大きさ、軽量
  • SDカード入り、USBでの充電やデータ転送が可能
  • 付属品(ストラップなど)付き

が備わっていてコスパが良いと感じました。

トイカメラ(キッズカメラ)のレビュー写真3

ボタン数も少なく、子どもが操作しやすい仕様になっています。

玩具オタクJJ
玩具オタクJJ

インカメラ対応をしています

トイカメラ(キッズカメラ)のおすすめ!何歳から使える?まとめ

トイカメラ(キッズカメラ)のレビュー写真4
アングルにこだわり、パシャリ

今回は、シンプルで子どもでも操作しやすいものやスマホに簡単に送れるものを紹介しました。

我が家では、3歳のときに購入しましたが、「自分のカメラ」を手に入れた娘は大興奮でした。

子どもがカメラを持って構えてるかわいい姿を撮るのも親の楽しみのひとつになります。

我が家では買ってよかったリストに加わりました。

子どもに合ったトイカメラ(キッズカメラ)を選んで、ぜひ子どもの感性を磨いてください。

玩具オタクJJ
玩具オタクJJ

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました