PR
広告

赤ちゃんの歯固めはいつまで?デメリットは?長持ちするおすすめ歯固め

知育や育児について

歯固めは、赤ちゃんの歯が生えてくるときの不快感を和らげるためのおもちゃです。

噛むことによりストレスを解消する効果も期待できます。

本記事は、歯固めの購入を検討されている方に向けです。

歯固めはいつからいつまで使う?という内容になっていて、メリットやデメリット、おすすめの歯固めをご紹介していきます。

赤ちゃんの初めてのおもちゃとして、出産祝いなどにも人気がありますで興味があれば覗いてみてください。

この記事を書いた人
profile

玩具オタクJJのアバター

知育玩具、玩具について研究しています。
こどもが6歳になるまで約15,000時間ほど
遊びの時間があるとされています。
その限られた時間に与える玩具は
しっかり選びたい。
という想いに応えたいです。

▼子育てママ、パパにおすすめの知育玩具などを紹介 (少し教養や雑学も発信しています)
玩具オタクJJの部屋(トップページ)

広告

歯固めはいつから使うの?

歯固めは、赤ちゃんの歯が生え始めた時期から使用されます。

一般的に、赤ちゃんの歯が生え始めるのは生後4~6ヶ月頃です。

歯固めは、歯が生える際に起こる痛みや不快感等を和らげるのに役立ちます。

歯固めはいつまで使うの?

赤ちゃんの歯の不快感などは、歯が生え揃うとと解消されてきます。

個人差はあると思いますが、おおよそ1歳頃になると不快感は収まってくるようです。

しかし1歳になり、歯が生え揃ったからと言って無理に歯固めを取り上げてしまうと赤ちゃんのストレスにも繋がりかねないので、自然と使わなくなってきたタイミングで歯固めを卒業すると良いでしょう。

歯固めを使うメリットやデメリットは?

歯固めを使うメリットやデメリットはなんでしょうか。以下にまとめました。

歯固めを使うメリット

・歯茎の痛みや不快感を和らげる
・口腔周囲の筋肉の発達を促す
・噛む練習
・安心感を与えたり、ストレス発散になる

歯固めを使うデメリット

・清潔さを保つのが大変

歯固めを使うメリットは多くありますが、デメリットとして清潔さを保つのが大変です。

ただでさえ忙しい育児の最中、歯固めを常に清潔に保つのはなかなか大変ですね。

定期的に洗ったり、保管する場所も気を付けないと、歯固め自体が細菌やカビの温床になってしまいます。

歯固めのおすすめの素材は?

歯固めの素材は、赤ちゃんが安全に使える耐久性のある素材が適しています。

一般的におすすめされる歯固めの素材は『シリコン製』です。

シリコン製の歯固めは歯茎に良い刺激を与え、柔らかくて安全です。

シリコンは清潔に保ちやすく、洗浄しやすい素材です。

おすすめの歯固めもシリコン製で紹介します。

おすすめの歯固め紹介

実際に子どもに複数の歯固めを使ってみて良かった歯固めは、歯固めとしても使えて、おもちゃにもなるものでした。

『歯固めとしても使えて、おもちゃにもなるもの』とは?

こちら!

ワーリースクイグズ 

歯固めとしても使えるシリコン製のおもちゃです。

歯固めと同時にくるくる回すおもちゃとして遊んだり、歯固め卒業後にもおもちゃとして遊んだり、長く使える点が良かったです。

背面には吸盤がついており、ツルツルした面にくっつけることができます。

外出先の車中やレストランなど様々な場面で遊ばせることができ、お風呂でも遊ばせることができます。

▼実際のレビュー記事はこちらからどうぞご覧ください。

まとめ

歯固めは赤ちゃんの歯が生える際の痛みや不快感などを和らげ、口の筋肉の発達を促進する重要なアイテムです。

適切な使用方法は、清潔に保ち、適切な素材を選び、親や保護者の見えるところで使用することがよいでしょう。

なかでも清潔さを保つことが大変ですが、気をつけてあげましょう。

赤ちゃんの口や歯の健康を守りながら、歯固めを適切に使ってみましょう。

筆者のおすすめは、歯固めとしても使えて、歯固めの卒業後も遊べる『ワーリースクイグズ』です。

みなさまの参考になれば幸いです。

玩具オタクJJ
玩具オタクJJ

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

0歳から自宅で英語耳を養うことができます。
↓無料サンプルCD&DVDをゲットできます。

タイトルとURLをコピーしました