PR
広告

どれを選べばいい?知育玩具の選び方ポイント!効果とメリット

知育玩具について

子どもの発達をサポートする道具に、「知育玩具」があります。

現在、世界中のおもちゃメーカーが知育玩具を販売しており、その選択肢は膨大となりました。

一方で、「そもそも知育玩具って?」「どう選べばいい?」「選ぶポイントは?」「おすすめは?」と、おもちゃ選びで困ってしまう方は少なくありません。

本記事では、知育玩具とは、発育段階別の効果や選び方、おすすめポイントを解説していきます。

プロにおもちゃ選びを任せて高価な知育玩具を定期的に子供や孫に与えたい方はこちら

この記事でわかること

・知育玩具とは
・知育玩具の効果(発育段階別)
・知育玩具の選び方

この記事を書いた人
profile

玩具オタクJJのアバター

知育玩具、玩具について研究しています。
こどもが6歳になるまで約15,000時間ほど
遊びの時間があるとされています。
その限られた時間に与える玩具は
しっかり選びたい。
という想いに応えたいです。

▼子育てママ、パパにおすすめの知育玩具などを紹介 (少し教養や雑学も発信しています)
玩具オタクJJの部屋(ブログトップページ)

広告

そもそも知育玩具とは?

簡単に説明すると幼児や児童の知能的発達を促進する玩具です。考える事や表現する事を通じて、知能の発達を促す事を目的としています。知育玩具は「子どもの能力や感性を育むことを目的」として開発され、知能を育てるために「脳や身体に刺激を与える仕組みが備わっていること」が大きな特徴です。故に遊び方に工夫が必要だったり、頭を使ったりするように作られているため、子どもは自分なりの遊び方を考え、いろいろ試しながら遊びます。その結果、その積み重ねが思考力・判断力・表現力・知能を養うことに繋がります。このようにして、知育玩具で知能や知力の発達を促すトリガーを作ることで、子どもの成長効率は飛躍的に向上するといわれています。

広告

知育玩具の効果&メリット

知育玩具の効果&メリットは多くあります。

なかでも代表的なものを以下に書いていきます。

知能指数が高まる

知育玩具で遊ぶことにより、知能指数の向上が期待できます。知能指数とは、自分で考える力や記憶力、対応力などを計測する指数のことです。
知能指数と脳の発達は相関関係があり、知能指数は将来的な学力に影響するといわれています。特に幼児期は人生の中で脳が大きく成長するため、柔軟で吸収性が高く、知的指数が急速に高まる時期と言われており、その時期での知育には大きな効果が見込めます。 知育玩具には知能指数を高める仕掛けがたくさん組み込まれています。それゆえ幼児期に知育玩具で遊ぶことにより、脳の発達を促し、知能指数を高めることができると言えるでしょう。

 

集中力・思考力が身に付く

思考力や集中力は、知育を通して獲得できる効果のひとつです。子どもは、自ら興味を持った知育玩具で遊ぶことにより、特に意識せず集中力が養われます。自分が好きな遊びに夢中になれば、その遊びを通して集中力を身に付けることができます。
またパズルや積み木などの知育玩具で遊ぶことにより、同時に思考力を身につけることにもつながります。何気なく遊んでいるだけに見えたとしても、子どもは思考しながら遊んでいます。このように遊びを通じて、集中力や思考力を洗練することができます。

 

想像力・創造力が身に付く

パズルは想像力を身に付けられる玩具ですが、完成形を想像しながら遊びます。その中で想像通りの結果にならず試行錯誤するときも、どんな組み合わせなら完成に近づくのか、このピースをここへ入れたら、どうなるかと想像しながら遊びます。その結果、想像力が身に付きます。このようにして、想像し、実際に作り上げる力が創造力です。創造するには、まず考えて、イメージ像を作り、実際に自分で形にする必要があります。このようにして何かを創造する体験を往復することにより、自分が「何か」を作り出し、自ら進んで生きる力を養うことにも繋がります。

 

手先の器用さ・空間認識能力が身に付く

知育玩具は手先を使いながら遊ぶように作られているため、手先の器用さの向上に繋がります。また知育玩具は空間内の物の形や位置関係を把握する空間認識能力の向上にも繋がります。例として積み木やパズルなどが挙げられます。
積み木を例にすると、遊んでいるうちに大きさ、高さ、形、奥行をはじめ立体や空間的な構造を学ぶことができます。そして立体を作るプロセスで、真正面から見えない部分にも積み木があることを把握し、その見えない部分を推し測る想像力や空間認識能力を身に付けることができます。

 

非認知能力が高くなる

物事に対する考え方、取り組む姿勢、行動など、日常生活・社会活動において重要な影響を及ぼす能力を「非認知能力」と言います。
知育玩具での遊びを通して子どもが自ら学ぶことにより、非認知能力を高められると言われています。
特別、幼児期は脳が大きく発達し、多種多様な刺激から多くのことを学び、生きる方法を色々試しながら探していく時期です。その時期に子どもの発達に応じた知育玩具で、知能・知力の発達を促すトリガー(または起爆剤)に多く触れられれば、自立心や自制心、自己肯定感、協調性、共感力という生きるための基礎となる非認知能力を育むことができるでしょう。

広告

知育玩具の選び方

知育玩具の種類は膨大のため
「どれを選んだらいいかのかわからない」
「種類がたくさんあって選べない!」
「こんなに種類があるとは知らなかった。結局どれが自分に合うのか分からない!」といった、知育玩具の種類ついての疑問をよく耳にします。

知育玩具には幼児向け語学・数学的教材、パズル、自由に形を形成できる玩具、理科教育(実験・科学)用キット、操作により音声が出るモノ、テレビゲーム(教育的な内容)、ビデオ教材に分類されます(おおまかですが)。アイテム数は膨大でその種類の多さに驚かれる方も多いかと思います。

月齢・年齢、子どもの興味、大人も一緒に遊べるか、安全性が確保されているか、など選ぶポイントがありますので紹介していきます。

子どもの年齢や発達具合に合ったものか

知育玩具といっても様々な種類がありますが、選び方のポイントとして重要なのが『子どもの年齢や発達具合』に合ったものを選びましょう。
例えば2歳の子どもに推奨年齢4歳以降の知育玩具・おもちゃを与えても十分に遊ぶことが出来ず、逆に子どもの自信を損なってしまいます。これは非常にマイナスですので避けましょう。

発育段階別

知育玩具の効果は、子どもの発達段階によって異なります。以下に、いくつかの例を挙げます。

新生児~乳児期

  • 視覚や聴覚の発達を促す
  • 手や指の動きの発達を促す
  • 触覚や味覚の発達を促す
  • 身体感覚の発達を促す

おもちゃの例
  • 音の出るおもちゃ
  • 布のおもちゃ
  • ラトル
  • ぬいぐるみ
  • 歯固め

幼児期

  • 言葉を学ぶ
  • 数字を学ぶ
  • 形や色を学ぶ
  • 想像力を育む
  • 創造力を育む
  • 社会性や協調性を育む

おもちゃの例
  • 絵本
  • ブロック
  • パズル
  • 積み木
  • ぬいぐるみ
  • ままごとセット
  • 車や電車
  • ボール

学童期

  • 学習意欲を高める
  • 集中力を高める
  • 問題解決力を高める
  • 思考力を高める
  • 創造力を高める

おもちゃの例
  • 学習玩具
  • 工作キット
  • ボードゲーム
  • カードゲーム
  • 楽器
  • スポーツ用品

子どもの興味があるものか

子どもが興味を示しているものが選び方としては理想です。
ごっこ遊びが好きなら、おままごとセットやお医者さんセットなどが有効だったり、積み木遊びのような遊びが得意・好きだったら積み木など、子どもが興味を示しているもの・事象がおすすめで、
子どもが喜んで遊んでくれるような知育玩具を選ぶと、より効果的に学習することができます。
大人と一緒だと思いますが、興味のないもの・嫌いなものを与えられても気が進みませんよね。
私は、お店やイベント等で買う前に一緒に選びにいったり、触れ合わせてみたりしています。

玩具オタクJJ
玩具オタクJJ

キャラクターものでも良いと思いますよ!

大人も一緒に遊べるものか

子どもに買い与える知育玩具・おもちゃは子ども一人で完結するものよりは、大人も一緒に遊べる(関われる)ものがおすすめです。遊び方がわからない、行き詰っている子どもに遊び方のヒントを与えられるのは大人です。しかし知育玩具・おもちゃのなかには電池式で自動で動くものもあり、そういったものは子どもが受け身になってしまい、遊び上手になりにくいです。
したがって、なるべく電池や説明書が無い、子どもの発想で遊べる知育玩具・おもちゃがおすすめです。

安全性が確保されているか

子どもに与える知育玩具・おもちゃに、安全性が確保されているかどうかも考慮したほうがよいでしょう。知育玩具だが人体に有害な物質が含有していたり、品質の安定していないものや安全性を証明する規格に準拠していないもの等が世には存在します。
そういったものを選択肢から排除するには、安全性が担保されているマークや認定などをチェックすべきです。

STマーク(Safety Toy/安全玩具)

おもちゃは楽しく、面白く、丈夫で、安全で、しかも心身の成長に役立つものでなければなりません。中でも、安全であることは特に重要なことです。
 我が国で販売されるおもちゃの安全性を高めるために、玩具業界は、昭和46年(1971年)に、玩具安全基準(ST基準)を策定し、玩具安全マーク(STマーク)制度を創設しました。
 ST基準は、玩具の安全基準で、機械的安全性、可燃安全性、化学的安全性からなっています。STマークは、第三者検査機関によるST基準適合検査に合格したおもちゃに付けることができるマークです。

 STマークの付いている玩具は、「安全面について注意深く作られたおもちゃ」と業界が推奨するものです。

引用:一般社団法人日本玩具協会 STマークについて

とありますように複数の検査を経て、STマークが付けられますので安心してご使用できます。

CEマーク

CEマークを表示した製品は、EU加盟国共通の安全基準をクリアしています。この表示によりEU加盟国間での製品の流通が円滑になっており、CEマーク表示は強制で、違反発覚時には罰則があります。おもちゃに関する安全基準は EN71 ですが、その安全要求に合致した場合にのみ、製造者はCEマークを製品につけることが許されます。

シュピールグート(spielgut)

ドイツの「子供の遊びと玩具」審議会(1954年~)が良い玩具と認定し、推奨するものだけに許可したマークです。オレンジマークとも言われます。

シュピールグート認定マーク

「子供の遊びと玩具」審議会がこどもの年齢と発育段階、想像力、周囲の世界を体験すること、遊びのバリエーション、素材と加工、デザイン・形と色、大きさと重さ、数と量、構造と仕掛け、耐久性、安全性、環境へのアセスメント、値段など合計13種類の評価項目により審査、テストを実施し、認定しているものです。

この審議会は、こどもとその遊びに関する、すべての専門領域の人たちによって構成されています。教育学や心理学、社会学、精神療法、医学、デザイン、建築、情報学などの専門家たちの集団です。
※この判定には玩具産業関係者は一切参加できない厳格さがあります

おもちゃについているマークを見ることで、おもちゃ選びの基準が出来たのではないでしょうか。
安全基準を設けたマークは必須だと思いますので、是非おもちゃ選びの参考にしてください。

定額制レンタルサービスもひとつの手段!

知育玩具選びなどをプロに全て任せて、高価な知育玩具を定期的に届けてもらいたい!

という方向けの定額制レンタルサービスもひとつの手段です。

利用メリット

・家のなかをすっきりしておきたい
・おもちゃで溢れてしまうのを避けたい
・年齢、発達に応じた知育玩具選びを誰かに任せたい

などといった悩みを解決してくれるサービスがあります。

玩具オタクJJ
玩具オタクJJ

ご興味がある方は以下より覗いてみてください!詳しく解説しています。

▼ プロにおもちゃ選びを任せて高価な知育玩具を定期的に子供や孫に与えたい方向け ▼


最後に

知育玩具の効果や選び方のイメージはつきましたでしょうか。

こどもが6歳になるまで約15,000時間ほど遊びの時間があるとされています。

その限られた時間に与える玩具はしっかり選びたいですね。

知育玩具は、子どもの成長に欠かせません。子どもが楽しく遊びながら学ぶことができるような知育玩具を選んであげましょう。

▼本記事の内容を踏まえて、おすすめの知育玩具の参考になる記事を書いていますので是非見ていってください!

タイトルとURLをコピーしました